中国式四柱推命

通変星ー食傷 vs 官星(うちの子ども達の場合)

久しぶりに、息子と娘の対比をしてみます。 息子ー食傷持ち うちの息子は、日干以外は忌神の食傷しかありません。 忌神食傷は、目立ちたがり、自分を盛って良く見せようとしがち。良かれと思ってなんでもしゃべりすぎ、相手から敬遠されたり。日...
四柱推命鑑定 お客様の感想

『良い状態になると希望が持てました』―四柱推命鑑定の感想

先日、娘様の鑑定をご依頼くださったお客様から、鑑定の感想をいただきましたのでご紹介します。 娘の状態は運気的にも苦しい状態だとわかり納得しました。 今後の運気もまだ先ながら、良い状態になると希望が持てました。 娘の性格...
四柱推命講座

■中国式四柱推命講座 募集一時停止します

ご好評いただいております中国式四柱推命講座ですが、 テキストの見直しをするため、いったん募集を停止いたします。 現在の受講生様からのご意見を参考に、 テキストの分かりにくいところを加筆修正し、 またトピックを...
中国式四柱推命

方合と三合・・・疑問。

先日開講したばかりの「Ryu-jinの中国式四柱推命講座」、おかげさまで次々お申込みいただきまして、現在募集をストップしております。まだ始めたばかりで私のキャパがオーバーしているせいです。 そのうち慣れてきましたら募集人数も増...
ブログ

【不登校】「子どもを信じることが出来なくて」

「いつも人は自分の信ずるところを乗り越えなければならない。 少しも信じていないことを、どうやって乗り越えられようか」 ― エミール=オーギュスト・シャルティエ 少し難しい格言です。何を言いたいのか、最初は分からなかったんです。 ...
ショートブログ

甲辰年のわたくし。

Ryu-jinです。ちょっと間が空きました。 というのも日干甲が喜神の私、節分以降、超絶忙しくがんばっております・・・! 長年やりたくてもやれていなかった家業の仕事に着手し、下準備は整ったのであとはこれをあれして・・・と...
アメリカ大統領選を四柱推命で解説

今年の「あの人」を四柱推命で勝手に予想(する予定だった)

(前書きというか言い訳と言うか) この記事は昨年末に少しだけ書いていて、立春後にアップしようと準備していたのですが、なにかと忙しく続きを書けず、気づけばもう3月も終わろうとしていますね(汗) 大谷翔平さんについても書いていたので...
四柱推命鑑定 お客様の感想

『鑑定前はただただ不安でしたが、漠然とした不安は消えました。』―四柱推命鑑定の感想

お客様からいただいた鑑定の感想をご紹介します。 この度はとても分かりやすく、そして丁寧な鑑定をしていただき、本当にありがとうございました。 以前に言われたことがあるのが、やや判断がしにくい命式であるということでした。...
ブログ

出会いと謎解きと

※四柱推命関係ありません 最近、家計費削減のために本は図書館で借りて読んでいます。 ベッドで読むことが多く、ついうっかり寝落ちして折り目を付けたりしてしまうため本はなるべく買うようにして借りない派だったんですが、子供の教...
ブログ

最後まで生き残るものは

時代に適応するのはいつだって子どもから チャールズ・ダーウィンは、言わずと知れた「進化論」で有名な自然科学者です。 以下は彼の著書『種の起源』の中の言葉です。 「生き残る種とは、最も強いものではない。 最も知的なものでも...
タイトルとURLをコピーしました