四柱推命ー食傷(食神・傷官)とは

中国式四柱推命
この記事は約5分で読めます。

通変星の説明をします。今回は食傷について。

食傷(食神・傷官)とは

食傷(しょくしょう)とは、日干から相生される(日干が強める)五行である星のことを言います。

 

相生については以下をご参照ください。

十干と十二支について
十干と十二支について 四柱推命で生年月日と生まれた時間から出す命式は、天干と地支を組み合わせた年柱、月柱、日柱、時柱からなっています。天干と天干同士、地支と地支同士、天干と地支の関係をよく見極めて推命します。この章では十干と十二支について...

食神(しょくしん)とは

天干にある星、あるいは行運で巡ってくる星が、日干によって相生される五行で陰陽が同じ場合を「食神」と言います。

 

 

例えば日干が陽であり、天干にある星あるいは行運で巡ってくる星が日干に相生される五行の陽(日干が甲→丙、日干が丙→戊、日干が戊→庚、日干が庚→壬、日干が壬→甲)である、

 

あるいは日干が陰であり、天干にある星あるいは行運で巡ってくる星が相生される五行の陰(日干が乙→丁、日干が丁→己、日干が己→辛、日干が辛→癸、日干が癸→乙)であるならば、「食神」となります。

 

 

例)日干甲に対して、天干にある丙や行運で巡ってくる丙は「食神」。

日干丁に対して、天干にある己や行運で巡ってくる己は「食神」。

傷官(しょうかん)とは

天干にある星あるいは行運で巡ってくる星が、日干によって相生される五行で陰陽が異なる場合「傷官」と言います。

 

 

例えば日干が陽であり、天干にある星あるいは行運で巡ってくる星が日干に相生される五行の陰(日干が甲→丁、日干が丙→己、日干が戊→辛、日干が庚→癸、日干が壬→乙)である、

 

あるいは自分の日干が陰であり、天干にある星あるいは行運で巡ってくる星が日干に相生される五行の陽(日干が乙→丙、日干が丁→戊、日干が己→庚、日干が辛→壬、日干が癸→甲)であるならば、「傷官」となります。

 

 

例)日干癸に対して、天干にある甲や行運で巡ってくる甲は「傷官」。

日干庚に対して、天干にある癸や行運で巡ってくる癸は「傷官」。

 

食神と傷官をまとめて「食傷」と呼んだりもします。

例)日干戊に対して、天干にある庚や辛、行運で巡ってくる庚や辛は「食傷」。

日干乙に対して、天干にある丙や丁、行運で巡ってくる丙や丁は「食傷」。

食傷(しょくしょう)の意味

食傷は、自分から生み出されるもの、子どもです。六親縁では女性にとってはその通り「子ども縁」を意味します。女性で食傷の強い人は子どもとの縁が強いと見ます。(男性にとって食傷は子供の意味はありません)

 

日干は食傷を強めるので、食傷があると日干自体はその分エネルギーを取られるため弱まると考えます。

※比劫の時に書きましたが、すべての日干が食傷を強めるわけではなく、これも干関係によります。

例として、甲や乙(木)は丁(火)を強めますが、丙(火)は強めません。これは薪(甲)や柴のような草(乙)が炎(丁)を強めることはありますが、草木が太陽(丙)を強めることはないからです。

 

食傷が強い命式

食傷が強いということは自分から生み出されるものが強いということですから、性質としては言葉や音楽、芸術、技能、スポーツの才能なども意味します。命式中に食傷が多いと、言語や話術に長けていたりおしゃべり好き、芸術やスポーツの才能があったりする人が多いようです。

 

また食傷は、日干から見て世話が必要な子どもなので、子どもに限らず人をお世話したり奉仕する、ボランティアの星でもあります。奉仕心にあふれ何かとお世話を焼くことが多いです。母性のような優しさを持っています。

 

ただ何事にも裏表があるように、この性質が悪い面で出ると、目立ちたがりや見栄っ張りと思われたり、おしゃべりが過ぎて不用意に人のことを悪く(本人にその気がなくても)言ってしまうとか、相手が望んでいないのにお世話をしすぎて返って疎ましく思われたりしてしまいがちです。

 

食傷が強くなる行運

行運で食傷の巡ってくる運気の時には、他者への奉仕の心が強まり、人のお世話をすることで喜びを感じることがありそうです。

 

また、目立ちたいとか有名になりたいなどの功名心が現れます。これらが良い方向へ動けば、出世をしたり自身の持つ会社やお店が有名店になる、選挙に当選するなど、人生において発展する出来事があるでしょう。

 

表現力が豊かになる、スポーツなどの技巧が上達する、話術が巧みになる、なども考えられます。手がけた作品やスポーツなどで賞を取るといったことがありそうです。

 

ただし、食傷が強まると良くない方面に性質が出やすい場合があります。

人へのお世話や自己アピールが過ぎて相手から疎ましく思われたり、見栄っ張りになったり口調が厳しくなりすぎて人間関係を損ねたりします。

 

女性は食傷が悪い方面で出ると恋愛依存したり良縁に恵まれないなどがあります。(食傷は女性にとって結婚縁である官星を剋すからです)

 

男性では悪い方面で出ると仕事運があまりよくなく、出世などに影響がありそうです(同じく男性にとっての仕事運である官星を食傷が剋すので)

 

食傷が強いと良い人とそうでない人がいますので、見極めが肝心です。

食神と傷官の違い

食神も傷官も、「奉仕心」「功名心」「表現力」などを意味しますが、食神に比べ食傷はややクールで正義感強く、はっきりとした物言いをします。

 

食神は、ニコニコしながら「しっかり食べなさいよ~ハイ、から揚げ1個サービス!」と言ってくれそうな定食屋のおかみさんタイプ、

 

食傷は、どんな緊急ニュースの時にも饒舌・クールでなおかつ自己アピールも忘れない、フリーアナウンサータイプ、と言えばいいでしょうか(笑)

 

食傷に向いた職業

スポーツ選手や芸能、語学など個人の技巧を生かした職業。

福祉や医療、介護、保育など奉仕心を活かした職業。

ファッション関係や美容師など、芸術センスや技巧を活かした職業など。

 

どれをとっても、会社組織の中で仕事をするよりは、個人の専門的な知識を生かした職業が合っています。

 

こちらもどうぞ。

ザ・食傷、という方に出会った
今日は午後から美容院へ行ってきました。私はいつも美容師さんの指名はしないので、毎回違う人に髪を切ってもらいます。 ですが、今日は前回切ってもらった方と同じ。その方は50代女性、独身ということが分かっています。なぜならとてもお話...
自己紹介
Ryu-jin(リュージン)

前向き人生脚本家】Ryu-jin(リュージン)

1973年(癸丑)生まれ。
二人の子どもの不登校をきっかけに中医学の考え方に興味を持つ。
中医学を学んでいるときに、中医学と親和性の高い中国式四柱推命と出会い現在に至る。
登録販売者として漢方薬を販売する傍ら、心理学も学ぶ。

適応指導教室で不登校の子どもたちと一緒に遊んだり
勉強するボランティアもしている。
中国式四柱推命にて不登校問題や親子関係などについても鑑定を行っている。

Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命 通変星について 食傷
Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命鑑定
タイトルとURLをコピーしました