どうなる?娘の受験とオミクロン、、、そして運気の悪さ

ブログ
この記事は約3分で読めます。

2022年となりました。

 

ご無沙汰しております。

今年もどうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

 

さてみなさま、新しい年、いかがお過ごしでしょうか。

 

昨年末、やっとコロナウィルスの感染者数が落ち着いてきたと思った矢先に、年明けからのオミクロン株の蔓延で、わたしここ数日、本当に悩まされているのです。

 

娘が中3で、今月末が本命である私立高校の受験本番です。

 

感染するんじゃないか、受験日まで学校を休ませた方がいいのではないか・・・そんなことをずっと悩んでいます。

 

でも受験直前に学年末テストがあるんです。こちらは最悪受けなくてもいいのでしょうが(公立高校受験に必要なのは2学期までの成績、私立には内申点は不要)しかし2週間まるまる休ませるというのも・・・

 

ああどうしたらいいんでしょう(泣)

 

学校を休ませたところで、親(私たち)や兄(息子)は仕事やアルバイトで人と接するので、感染リスクはたいして変わらないかもしれません。でもここ数日、中学校のクラス内にも「家族が濃厚接触者のクラスメイト」が存在するようになってきて、学校から感染者が出るのももうまもなくのような気がします。(今のところ、濃厚接触者のご家族は陰性だったので、クラスメイトも登校しています)

 

濃厚接触者でも陰性であれば試験は受けられるようです。

でも、陽性であればたとえ無症状でも試験を受けられないのではないでしょうか・・・

 

四柱推命的に、今年(節分まで)の娘の運気は決してよくありません。彼女は従強格なのですが、従神である印星が今年は無作用干合して消えてしまっています。

 

それでも勉強も学校も、これまでがんばってきていました。印星は消えているけれど、昨年までがんばった貯金があったのと、今年はいつもよりかなり比劫が強まっているせいで、カバーできている?ように思います。母親としても彼女の体調とメンタル面を最優先に、この1年過ごしてきました。

 

実は昨年夏、まあまあスゴイ賞も取ったりして、印星がなくなる年としては本当に上出来なんです。

 

このまま、何事もなく過ぎて行ってくれれば・・・そうは思いますが、彼女の運気の良く無さが私の頭をチラつきます。

 

どうも自分自身(の身内)のこととなると判断力が鈍りますね。

夫や先生ともよく相談して決めたいと思いますが(とはいえ、もうそんなに猶予はない)、コロナ感染による救済措置について高校からのアナウンスがない以上、やはり休ませようか・・・とブログを書いている今、そう思っているのです。

自己紹介
Ryu-jin(リュージン)

前向き人生脚本家】Ryu-jin(リュージン)

1973年(癸丑)生まれ。
二人の子どもの不登校をきっかけに中医学の考え方に興味を持つ。
中医学を学んでいるときに、中医学と親和性の高い中国式四柱推命と出会い現在に至る。
登録販売者として漢方薬を販売する傍ら、心理学も学ぶ。

適応指導教室で不登校の子どもたちと一緒に遊んだり
勉強するボランティアもしている。
中国式四柱推命にて不登校問題や親子関係などについても鑑定を行っている。

Ryu-jin(リュージン)をフォローする
ブログ 印星 子育てについて 通変星について
Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命鑑定
タイトルとURLをコピーしました