忌神金が強まる時

中国式四柱推命
この記事は約2分で読めます。

ここ3週間ほど、わが家の老犬の介護をしております。メスの柴犬、もうすぐ15歳です。息子が不登校になってからいろんな事情で我が家にやってきました。なのでうちで飼い始めてもう4年くらいになりますね。

前の飼い主の時から今までずっと外で飼っていましたが、「特発性前庭疾患」という、いわゆる目がグルグル回っちゃう病気になりまして、頭がまっすぐにならない、立ったり歩けないという状態になりました。 今は食欲もあり元気でいるものの、さすがに今までのように外では飼えなくなりました。今はうちの玄関にダンボールとペットシートを敷いて、そこにいさせています。

シートやおむつを換えたりするときに犬を抱きかかえる機会が増えたのですが、そうすると私の両腕の内側、皮膚のやわらかいところにじんましんができるようになりました。

犬アレルギー発症です。

もともとうちの犬は皮膚が悪く(アトピー)フケが多いのですが、どうやらそのフケで私がアレルギーになったようです。今までも犬のシャンプーをした時などに、ポチポチと蚊に食われたような湿疹が2,3か所出来ていたのですが、今では犬が直に触れた場所全体に発疹が広がっています。発疹自体は翌日にはほぼ治まっているものの、やはりかゆいし見た目もちょっとアレなので困ります。犬を触った後はすぐ手を洗うようにしていますが、あっという間に反応が出るので間に合いません。かゆみ止めを塗ってなんとかかゆみと腫れを抑えているような感じです。

 

さて、私はそもそもアレルギー体質です。日干甲が喜神なので、官星金は忌神です。私の命式の天干に金はありませんが、地支に金を持っています。今年は年運が辛なので金の行運は忌神ですから当然よくはありませんね。五行説で金は肺・大腸・鼻喉・皮膚を表しますから、忌神金が強まる時はそこに弱さが出てきます。幼いころから接触性皮膚炎をよく起こし、肺炎にもなりましたし、現在は喘息や花粉症などのアレルギー症状があります。このタイミングで犬の介護をすることになろうとは。でも仕方ないですね。縁あって家族となった犬ですから、最後までできるだけのことはしたいと思っています。

ところで犬の特発性前庭疾患は日にち薬で大方は治るらしいのですが、まれに後遺症が残ることもあるとのこと。もうそろそろ1ヶ月、もしかしたらこのままかも。それでも元気でいてるだけ良いです。できればまた、一緒にお散歩に行きたいと思っていますけれど。

自己紹介
Ryu-jin(リュージン)

前向き人生脚本家】Ryu-jin(リュージン)

1973年(癸丑)生まれ。
二人の子どもの不登校をきっかけに中医学の考え方に興味を持つ。
中医学を学んでいるときに、中医学と親和性の高い中国式四柱推命と出会い現在に至る。
登録販売者として漢方薬を販売する傍ら、心理学も学ぶ。

適応指導教室で不登校の子どもたちと一緒に遊んだり
勉強するボランティアもしている。
中国式四柱推命にて不登校問題や親子関係などについても鑑定を行っている。

Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命
Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命鑑定
タイトルとURLをコピーしました