忌神金が強まる時期(2)

中国式四柱推命
この記事は約5分で読めます。

以前、このような記事を書いたのですが、

忌神金が強まる時
ここ3週間ほど、わが家の老犬の介護をしております。メスの柴犬、もうすぐ15歳です。息子が不登校になってからいろんな事情で我が家にやってきました。なのでうちで飼い始めてもう4年くらいになりますね。 前の飼い主の時から今までずっと外で飼っ...

 

我が家の老犬ですが、あれから8カ月余り、特発性前庭疾患はわずかな後遺症が残っていしまいました(すこし頭が傾いたまま)が、元気に過ごしています。とはいえ、15歳なのでだんだん足腰は弱くなってきています。介護までは行きませんが、世話をする機会が増えました。時々ご心配くださる方がいらっしゃいますのでご報告でした。

 

さて本題。

私は日干甲の従強格ですので、「金」は忌神となります。

今年は辛丑年、金の強い年であり、なおかつ秋は金の季節。秋と言っても、暦では8月上旬から申月となり、酉月ときて、今10月末は戌月です。すべて年運の辛の金を強めます。

 

前回のブログでアレルギーがひどくなった話はしたのですが、今年は花粉症がなかなか収まらなくてしんどかったです。さらに8月くらいから、肌の調子が著しく悪くなってきました。かゆみが激しく、一部は掻き壊してしまっているほどです。こんなにひどくなるのは、娘を出産した時以来です(今見てみると、この年も金が強かったです)。私は小さいころからずっと肌は弱かったのですが、ここ数年は割と落ち着いていました。それがこの数カ月であらまあひどいことに。

 

また、10月だと言うのにとても暑かったのが、急に寒くなりましたね。こんな風に季節の代わり目が急すぎると自律神経の失調を起こしやすいそうです。中医学では自律神経は「肝」が支配し、肝は「木」であらわされます。秋は金剋木となるので、私は秋にはなんとなく憂鬱だったり物悲しくなったり(そもそも「金」の五情は「悲」ですし)しやすくなります。

 

話変わりますが「悪寒戦慄」(おかんせんりつ)ってご存じですか??

強い寒気を感じて、自分自身ではコントロールできないほどにガタガタと震えることを言います。感染症(インフルエンザなど)で高熱が出た時、熱は高いのにひどい寒さを感じて震えますよね、あれです。

ただ感染症などの原因がないのにこの悪寒戦慄を起こすことがあり、その理由がまさに「自律神経の失調」なんだそうです。

 

先週土曜日、天気予報では急に冷え込むことが予想されていたので、前日から布団も毛布も干してベッドにスタンバイして寝たのですが、寝入りばなにこの「悪寒戦慄」が来ました。もちろん、熱はありません。慌てて布団と毛布を頭までくるまってみたものの、しばらく背中がぞくぞくとして震えが止まりませんでした。

しばらくすれば治まってまた寝るのですが、この日は数回悪寒戦慄を感じては目を覚ますということがありました。

 

実は私がこの「熱なし」悪寒戦慄を感じたのは初めてではなく、今年の頭くらいにも数回感じたことがありました。さすがにその時は「わわ、コロナにかかったんだ!」と慌てて熱を測ってみましたが特にありません。不思議に思って「布団ががはだけて寒かったからかな・・?」としか思わなかったのですが、その後も数度発症していました。

 

暖かい季節になり忘れていましたが、今回またぶり返したことで気になり、調べてみると「自律神経の失調」が原因ということが分かりました。

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、主に交感神経は戦闘モード時に働き、副交感神経はお休みモード時に働きます。覚醒中には戦闘モードの交感神経が優位であったのが、睡眠時に切り替わり、お休みモードの副交感神経が優位になります。交感神経と副交感神経のバランスがちょうど良ければ、この切り替わるときに自律神経の乱れは起きにくいのでしょうが、現代社会ではストレス過多で交感神経(戦闘モード)が異常に高ぶりやすく、その分副交感神経への転換時にバランスを崩して不具合が起きやすいのだと私は解釈しています。

 

急に寒くなったこと

に加え、

今年は金の強い年であり、さらに金の季節であること

ストレスを多く感じていること(また別で書こうと思いますが、今年は子どもがふたり受験生です)

もあり、自律神経が乱れ、悪寒戦慄が起こったのだろうと思いました。

ま、年齢的にもそういう「お年頃」(こうね・・・モニョモニョ)ではありますけども(汗)

 

今月は「戊戌」月です。戊は辛を強めますし、戌は土と金の根になります。

辛は甲を剋せないとはいえ、いつもより倍ほど、私の命式の五気は金(と土も)が強まっています。肌荒れ、便秘・下痢、自律神経の乱れ、目や胃腸の不調などには今しばらく要注意ですね。

 

自律神経を整えるのに対策として、入浴は良いと思います。夏からここしばらくシャワーで済ませていたので、しっかり湯舟で温まって寝るようにしてから、悪寒戦慄は起こっていません。

 

あ、あと寝る前のスマホも、自律神経にはよくありませんよ~!こちらは心当たりある方も多いかもしれませんね。気持ちがふさいだり、逆にイライラが収まらなかったりするときは、スマホから少し離れてみて下さいね。そしていつもより10分でも早く寝ること。これだけでずいぶん変わると思います。

自律神経を整える漢方もあります。気になる方は登録販売者でもあるRyu-jinにご相談ください。

 

私ですが、来年からまたしばらく金は弱まる行運なので、肌荒れもアレルギーも治まってくると思います。それまではしっかり保湿と栄養、睡眠、お薬でしのぎたいと思います。

自己紹介
Ryu-jin(リュージン)

前向き人生脚本家】Ryu-jin(リュージン)

1973年(癸丑)生まれ。
二人の子どもの不登校をきっかけに中医学の考え方に興味を持つ。
中医学を学んでいるときに、中医学と親和性の高い中国式四柱推命と出会い現在に至る。
登録販売者として漢方薬を販売する傍ら、心理学も学ぶ。

適応指導教室で不登校の子どもたちと一緒に遊んだり
勉強するボランティアもしている。
中国式四柱推命にて不登校問題や親子関係などについても鑑定を行っている。

Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命 四柱推命 体調
Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命鑑定
タイトルとURLをコピーしました