通変星の意味について

通変星について
この記事は約4分で読めます。

ここでは中国式四柱推命の通変星について書いていこうと思います。

通変星とは日干との関係性を表している

通変星とは命式上の天干(年干、月干、時干)と日干、行運(大運や年運)の干と日干との関係を表しています。

相剋、相生については以前書きました。

十干と十二支について
十干と十二支について 四柱推命で生年月日と生まれた時間から出す命式は、天干と地支を組み合わせた年柱、月柱、日柱、時柱からなっています。天干と天干同士、地支と地支同士、天干と地支の関係をよく見極めて推命します。この章では十干と十二支について...
五行の相生

相生の関係

五行の相剋

相剋の関係

通変星とは、その干が日干と同じ仲間であれば比劫(比肩、劫財)、日干を相剋していれば官星(正官、偏官)、日干が相剋していれば財星(正財、偏財)、日干が相生していれば食傷(食神、傷官)、日干を相生していれば印星(印綬、偏印)という関係があり、それぞれに名前がついています。十干には陽干(甲、丙、戊、庚、壬)と陰干(乙、丁、己、辛、癸)があり日干と陰陽が同じときと異なるときで通変星の言葉が変わります。日干と陰陽が同じなら、比肩、食神、偏財、偏官、偏印、陰陽が異なれば、劫財、傷官、正財、正官、印綬、となります。

 

日干が戊であれば、比肩は戊、劫財は己、食神は庚、傷官は辛、、、となります。日干が癸で大運が丙なら、丙の行運は正財という通変星になります。このように、日干との関係から通変星は決まります。

その性質から大まかに働きをまとめることが出来、比肩と劫財をまとめて「比劫」、食神と傷官をまとめて「食傷」、偏財と正財をまとめて「財星」、偏官と正官をまとめて「官星」、偏印と印綬をまとめて「印星」と呼んだりします。

通変星の意味

通変星にはそれぞれ意味を持っています。あなたの命式の天干にその通変星があれば、その通変星の意味が、あなたの性格や人生に影響すると言えます。また行運でその通変星が巡れば、その年にはその通変星の意味の出来事が起こりやすくなります。

比劫(比肩・劫財)

自分自身、あるいは兄弟や友人などを意味します。比劫が命式に多ければ意志・自我が強く、リーダー的素質があって我が道を行きます。良い働きをすればリーダーシップを発揮して仕事運や金銭運の上昇があり、悪い働きをすれば自己中心的な性格が目立ち周りから敬遠され、物事がうまく進みにくくなります。

食傷(食神・傷官)

自分から生まれだすものなので、芸術的な才能や表現力、しゃべること、または奉仕心を意味します。女性にとっては子どもを意味します。命式に食傷が多ければ、他者への奉仕心が強く、表現力があり、おしゃれでおしゃべり好きです。良い働きをすればその芸術的才能やお世話好きな面が評価されますが、悪い働きをすれば目立ちたがりと思われたり発言内容が辛辣になったり言わない方が良いことまでズケズケ言ってしまいがち。仕事や恋愛もうまく行きません。

財星(偏財・正財)

自分が剋す相手なので父親を意味し、男性にとっては配偶者も意味します。命式に財星が多ければ経営や理財関係に興味を持ちやすいです。良い働きであれば仕事運、金銭運の上昇を意味し、悪い働きをすれば浪費やギャンブル、男性は恋愛運の下降を意味します。

官星(偏官・正官)

自分が剋される相手なので、男性にとっては子どもを、女性にとっては配偶者を意味します。自分自身をコントロールする力に優れ、我慢強く自制心、責任感があります。何事もコツコツと真面目に取り組む堅実な性格です。良い働きをすれば、より責任感、忍耐強い面が出るので仕事運が良くなります。リーダーとしての活躍もあるでしょう。悪い働きをすれば、自分自身を剋すので引っ込み思案になったり気弱になり、ストレスを感じたりいじめを受けやすくなります。男性は仕事運、女性は恋愛結婚運が下降傾向です。

印星(偏印・印綬)

自分を生み強めてくれるものなので、母親を意味します。勉強や学問、研究などに興味を持ちやすいです。頭の回転が速く聡明さがあります。プライドも高いです。良い働きをすれば学問や研究の資質と要領の良さが出たり、自分にとってプラスになる良い協力者が現れます。悪い働きをすれば逆に勉強嫌いになったり、依頼心が強くなりすぎたり思慮の浅さが目立つようになります。自分にとって良くない話を持ってきたり大きなお世話をしてくる人が現れたり、母親との関係が悪くなったりします。

通変星自体に吉凶の意味はない

中国式四柱推命では通変星自体に吉凶の意味はありません(正官なら必ず恋愛運吉、劫財なら必ず金銭運低下など)。その通変星が自分にとって良い働きをするか、悪い働きをするかでその意味合いが変わってきます。

命式や行運の正官が自分にとって良い働きをしていれば恋愛運や仕事運は良くなりますし、悪い働きをしていればストレスを感じやすく引っ込み思案になるなど仕事や恋愛面で良いとは言えません。劫財も同様、良い働きをしていれば金銭運や社交運が良くなり、悪い働きであれば協調性なく対人関係があまりよくないと判断します。

中国式四柱推命では日干の力量(身強、身弱)によってそれぞれの通変星は良い作用(喜神)、良くない作用(忌神)、そのどちらでもない、に分かれます。通変星には大まかなカテゴリがありますが、それ自体に吉凶の意味はなく、日干の力量によってその作用は変わります。ですから通変星の吉凶を知る前に、自分(日干)の力量が強い(身強)か弱い(身弱)かを正確に知ることが重要です。

自己紹介
Ryu-jin(リュージン)

前向き人生脚本家】Ryu-jin(リュージン)

1973年(癸丑)生まれ。
二人の子どもの不登校をきっかけに中医学の考え方に興味を持つ。
中医学を学んでいるときに、中医学と親和性の高い中国式四柱推命と出会い現在に至る。
登録販売者として漢方薬を販売する傍ら、心理学も学ぶ。

適応指導教室で不登校の子どもたちと一緒に遊んだり
勉強するボランティアもしている。
中国式四柱推命にて不登校問題や親子関係などについても鑑定を行っている。

Ryu-jin(リュージン)をフォローする
通変星について
Ryu-jin(リュージン)をフォローする
中国式四柱推命鑑定
タイトルとURLをコピーしました